増田のおすすめマンガまとめ

増田マンガまとめ

ダンテの神曲 地獄門の前まで

ダンテの神曲導入編からスタートします

 

まずフィレンツェの黒木森をここはどこだなぜ私はこんなところにいる私は私の大事な人生の旅の途中で本当の道を踏み外してしまったのだろうか私の名前はダンテダンテアリギエーリ花の都フィレンツェよ永遠追放となった男

 

 

今から600年前イタリアのフィレンツェはベネチアと並ぶ商業貿易の中心都市であった世界中から集まる豊かな富は次第にフィレンツェの人々を激しい政治的構想に駆り立てていた数多くの頭の中で市民の信頼をえていたのは白派であった。

 

 

なんて噂の白端のリーダーの1人であった市民の代表である白に対抗するのが1部の貴族や金持ちを支持する黒羽であったそして白の派閥は黒の派閥の裏工作や軍事クーデターによって敗れるのであった白の派閥の指導者全員が投獄されたり街を追放されたりしたそしてダンテもフィレンツェの街を永久追放されることになってしまった

 

 

我が人生とは何だったのかこの倉木森で一生終わりと言うのだろうかいや違う光だ星の光だあの星の光は私を導いてくれている星の導きに従って歩いていると気づいたら森が終わっていた誰1人来て出られることもないと思われた森から私は出ることができたのだ私を導いてくれた星はこの山を登ると言っている行こう星の導くままに

 

 

しかし私の行く道の先に恐ろしい女豹が立ち下がっていた斑の皮をかぶるし軽くて早着物よお前はまたも私の行く手を阻むのか仕方がない戻ろう邪魔をされているのならどうしたって進んでいくことができない

あーヒノヒカリが日が昇る世界に光が満ちてくる愛が満ちてくる光の中では氷も恐ろしいものではない黄色が華やかな美しい獣に過ぎないこれならいける私は進める

 

しかしさらに道を進んだ先にはライオンと狼がいるこの翼の化身のような痩せた着物よお前のためにどんなに多くの人々がつらく悲しい人生を送ることになっただろう

 

ここで少し解説をすると、女豹は色欲やむ節操の象徴である。ライオンは暴力や権力の象徴である。狼は物欲や陰謀を象徴するそして先ほどダンテが通ってきた暗くて深い森は罪の深さを表しているのだ

 

この3匹の獣に追い立てられてダンテは再びあの深い森へと戻されてしまいそうになるしかしそこで詩人ヴェルギリウスに出会う

 

 

ヴェルギリウスはなお名乗る人で会ったことある我が父母はロンバルディアのものマントヴァ人であった私が生まれたのは、有料の時代その後行行てアウグストの下にローマに住んでいた折しも嘘や偽りが力を伸ばす悪しき時が来て私は詩人となりillionの白が焼け落ちたとトロイを出てさまよった名称アンキセスの息子愛子明日の子を歌った

 

 

ダンテはヴェルギリウスにあったことに感動して彼の称賛の言葉を述べるあなたは言葉の泉美しい子の流れの源を見出した人です4人ならば誰もがあなたは誇りにしています誰もがあなたと言う松明を目指して進みます私もまたあなたを読み魅せられ学びあなたを師とすることが喜びでした

 

ヴェルギリウスはなんてに頭お前はどうして悲しみに身を捨てるのだどうして至福の山に登らないのか喜びが幸せがそこから始まるのではなかったのかすべてのものがそこにあるのではなかったのか

 

ダンテはこれに答えて曰く大ヴェルギリウスよあの獣たちをご覧ください私が後戻りしているのはあの獣魂の声なのです助けてくださいマイストロあれを見る私は血までもが震えるのです

 

 

ニルギリスは答えろお前がこの声より逃れたいのであれば別の道を探すのしかないだろうこの獣たちはお前を消して盗撮死なせてしまうだろう昔なる性分のため貪り食って飽きることがないくればくるほどお色気ものであるからなこやつらと同類の獣は多いまだまだ増えるだろう

 

しかしいつか猟犬がやってくるだろう偉大なる両県ベルトロが奴らを倒すだろこれら着物を死に至らしめるのだそして料金が取る報酬は土地でもなければ亀でもない智と愛と徳なのだ。猟犬はフェルトフェルトの間に生まれ処女かもミルラエリア6弦の味噌が家両家命をすてて戦って低迷するイタリアを救ってくれるであろう。そして猟犬は大神を追い詰めて再び八尾時を越えと突き落とす

 

 

ダンテは驚いて道つまり狼は地獄から来たのですかその通りだ外を妬み競い羨む人の心が八尾地獄から呼び寄せたのだどうやらお前が行くべき道はたった1つだ私が案内しようついてくるがよい地獄へ。

私がお前を地獄へ導いていこう朽ちることのない終わりなき世界地獄を巡る旅お前を連れて行こうそこでお前は絶望の悲しい叫びを聞き己のお菓子セ氏罪の重さに待機れずもう一度知らせてくれと泣き叫ぶ死者の魂の声を聞けダンテよ地獄のありのままの姿を見るがよい

 

そしてやがて時が来れば幸福な人々の魂が住むと言う至福の山に住める日のあることを夢見つつ自らを炎に身を焼く魂たちを見るであろうさ

 

らにお前が望むのならそれなら上の世界望むのなら高貴なる魂がおられる世界へ幸なる選ばれし魂だけが行ける世界なんてよ私はお前をそこまで連れて行く努力をしてみよう

 

 

 

私はこのたびの全てを記憶に留めようどのような事でも正確にを作詞の上を高木西の4割を守りたまえそして私が見ることの全てを書き記す気高く美しい詩が我が才よりあふれんことを祈ります

 

しかし私にそんな力があるものだろうかこの世ならざる世界へ行くなどと言う果たして私は帰ることができるのであろうか私がもしも時刻や足を踏み入れて戻ることができなかったとしたら朽ちることのない英語の世界を彷徨歩くことになりはしないだろうか私がただのダンテごときが挑むにはあまりに大きすぎる冒険では無いのだろうか私がこの過酷なるたびに耐える力が私にはそんな力があるのでしょうか

 

私は偉大な愛子家そうではありませんセントポールでもありません私はダンテです普通の人間に過ぎません私のようなものにこれほどの旅をする資格があるのでしょうか生きて帰れる確かな証でもあるのでしょうか

 

 

肉の体を持つもののなんと弱いことだろう影に怯える獣のようではないかしかしそれが人間と言うべきか

恐れのために人々はその願いを翻すならば話そうお前を恐れから解き放つために私がなぜお前を連れに来たのかそれは煉獄にいた私を天国よりひとりの尊き美しい淑女が読んだのだその方のベアトリーチェである

 

 

ベアトリーチェと言う唯一無二の女性と師匠であるカバルカンティという2人の人間がダンテを成長させたのであった

 

 

分りましたこれ以上何の証も入りませんベアトリーチェが見守る旅であれば私は地獄の底であろうと恐れることはない