増田のおすすめマンガまとめ

増田マンガまとめ

3巻以内完結のおすすめマンガ

増田には埋もれていくのがもったいないマンガまとめがあるからまとめておくよ。

anond.hatelabo.jp

自分のベスト100選んで、「またかよ」って思われそうなタイトル抜いたらいいぐらいの数になったので書くよ。

※特に順位とかはないです。全部読んでほしい。

※試し読みとかあるのはできるだけリンク貼ったよ。

ぷらせぼくらぶ(1巻完結)

ぷらせぼくらぶ (IKKI COMIX)

ぷらせぼくらぶ (IKKI COMIX)

http://sol-comics.shogakukan.co.jp/solc_dtl?isbn=9784091886385

大橋博之のアシスタントをしてた奥田亜紀子のデビュー作。題材としては『桐島、部活やめるってよ』的なスクールカースト。
主人公であだ名が「毒まんじゅう」の岡ちゃんと、イケてる「向こう側」の人とのなんとも言い難い関わりを、綺麗なトーンワークで描いている。
「自分で始まり自分で終わる岡ちゃんの恋は、クライマックス以外のバリエーションが無い」という掴みから引き込まれてしまう。

ケンガイ(3巻完結)

ケンガイ(1) (ビッグコミックス)

ケンガイ(1) (ビッグコミックス)

http://sol-comics.shogakukan.co.jp/solc_dtl?isbn=9784091847904

レンタルビデオ屋を舞台にした、フラグの全く立たないラブストーリー(仮)。

主人公で普通のイケメン・伊賀君が惚れたのは、映画を観ること以外のことに興味を持てない、バイト内で「圏外女」と言われてしまうような白川さん。

自分も映画観て勉強したり努力するんだけど、一緒に映画観てても全然いい雰囲気になる気配はなく。

好きな人に映画のチケットあげたら「伊賀くんはあたしを買収して何がしたいの?」「SEXですか?」「します?」って死んだ目で言われるの、キツすぎる。

あと、この漫画読むと映画観たくなる。(自分は『エレファント・マン』を観た)

たまりば(2巻完結)

たまりば 1巻 (HARTA COMIX)

たまりば 1巻 (HARTA COMIX)

http://maoh.dengeki.com/tamapon/

「溜まり場」である「多摩リバー」を舞台に、女子高生・美和とアラサー会社員・ハルオの恋を描いた作品。

女子高生の「青春」をいい年こいた人間が奪っていいものか、という問いかけ。

これをヘビーに味付けすると緑のルーペ『こいのことば』になるのかなあ。

さきくさの咲く頃(1巻完結)

さきくさの咲く頃

さきくさの咲く頃

http://www.poco2.jp/comic/sakikusa/

『ぼくらのへんたい』でプチブレイクしたふみふみこの、奈良に暮らす幼馴染3人の不器用な関係を描いた作品。

ビターな恋愛。ふみふみこはセリフに無駄がなくて、感情をえぐり取るのが上手い。

彼女のカーブ(1巻完結)

彼女のカーブ

彼女のカーブ

https://viewer.yondemill.jp/?cid=1196&u0=3

『椿荘101号室』でハマったウラモトユウコの作品。高野文子っぽいタッチのいい線を描く。

本作は女性の身体のパーツに関するオムニバスで、個人的には『キミの脚』という話が好み。

フェティシズムを刺激される。↑の試し読み読んでほしいんだけど、服を脱ぐ描写にこだわりを感じる。

ほんとにいい線だ。

ママだって、人間(1巻完結)

ママだって、人間

ママだって、人間

http://mag.kawade.co.jp/mama/pdf/%E3%83%9E%E3%83%9E%E4%BA%BA1-1x.pdf

出産・子育てエッセイマンガ。

自分が子育て経験ないもので、端から端まで目から鱗、というか自分の想像しようのない部分を埋めてくれた。

同作者の『母がしんどい』も秀作。

誰も懲りない(1巻完結)

誰も懲りない

誰も懲りない

https://note.mu/nakamuraching/n/n5680094105e2

『羣青』の中村珍作品。一見「理想的」な家庭の裏で何が起こっていたか。

どこまでが実話なんだろう?となるほど、表現がリアルで肉薄してくる。

ほんと誰も懲りなくてどうしようもねえな、とタイトル通りの感想。

読んだら1日は活力奪われるほど重くて苦しい。

さよならガールフレンド(1巻完結)

さよならガールフレンド (フィールコミックス FCswing)

さよならガールフレンド (フィールコミックス FCswing)

http://www.shodensha.co.jp/sayonaragirlfriend/

(こんなちゃんとした特設サイトあるぐらいには期待作だった)

今年初めに出たばっかりの新鋭の作品。山内マリコの『ここは退屈迎えに来て』が好きな人はぜひ読んでほしい。

いわゆるファスト風土の話。

自分が地方出身都会住まいなこともあって、作品全体を覆う閉塞感のようなものにすごくシンパシーを感じた。

宇宙を駆けるよだか(2巻続刊)

宇宙を駆けるよだか コミック 全3巻完結セット (マーガレットコミックス)

宇宙を駆けるよだか コミック 全3巻完結セット (マーガレットコミックス)

http://www.s-manga.net/omf/omf_978-4-08-845351-4.html

連載中の少女漫画では一番注目してる作品(そろそろ終わる)。

美人で性格もいい主人公と、ブスで性格の悪い同級生の身体が入れ替わってしまう。

設定的には松浦だるま『累―かさね―』に近いかもしれないんだけど、これを少女漫画の文脈に落とし込んだのが尊い。

「主導権は常に外見が優れた人間にある」「あんたら美形はいいわよね キレイごと並べてればそれが正義になるんだから」

って、少女マンガのセリフかと言われると微妙なんだけど。

スメルズライクグリーンスピリット(2巻完結)

スメルズライクグリーンスピリット SIDE:A (POE BACKS) (ポーバックス Be comics)

スメルズライクグリーンスピリット SIDE:A (POE BACKS) (ポーバックス Be comics)

http://comic.pixiv.net/works/790

BL作品。自分はノーマルなのでいわゆるイチャラブ系のBLや百合は読まないのだが、これは凄くよかった。

http://blog.livedoor.jp/aki22two/archives/1802123.html

このブログを読んでみてほしい。ちなみに百合でいうと「私の世界を構成する塵のような何か。」が好きです。

預言者ピッピ(2巻続刊)

預言者ピッピ1-2巻セット(マーケットプレイスセット)

預言者ピッピ1-2巻セット(マーケットプレイスセット)

ギャグマンガ家・地下沢中也のSF作品。全ての事象を予測できるオーバーテクノロジーのコンピューターが開発され、それが人類の滅亡を予測してしまったら?という話。こう書くと平凡な印象を受けるかもしれないけど、ストーリーテリングが秀逸なのです。

いがらしみきおの『I』といい、ギャグマンガ家の描くSFって独特の雰囲気があって好き。ただ次の巻がいつ出るか未定で、もう4、5年生殺しを食らっている。


見ての通り息切れしてきたのでこのへんで終わりますが、↓のもおススメなので興味あったら読んでみてください。

その他オススメ

ストロボライト(1巻完結)

ストロボライト

ストロボライト

故・青山景の作品。「よいこの黙示録」が未完なのが本当に惜しい。日本は貴重な才能を失ったと本気で思う。

まちあわせ(1巻完結)

田中雄一作品集 まちあわせ (アフタヌーンコミックス)

田中雄一作品集 まちあわせ (アフタヌーンコミックス)

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063770209

後味悪い系のホラーSFだけどとてもいい。

68m(1巻完結)

68m―手原和憲高校サッカー短編集 (ビッグコミックス)

68m―手原和憲高校サッカー短編集 (ビッグコミックス)

http://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=9362

高校サッカーマンガ。スポットの当て方がいい。表題作が最高。

江戸の告白(1巻完結)

江戸の告白 (モーニング KC)

江戸の告白 (モーニング KC)

http://morning.moae.jp/lineup/451

ノワ―ル時代劇。道を踏み外す怖さ。

ラタキアの魔女(1巻完結)

ラタキアの魔女 笠辺哲短編集 (笠辺哲短編集) (ジャンプコミックス)

ラタキアの魔女 笠辺哲短編集 (笠辺哲短編集) (ジャンプコミックス)

http://csvt.tank.jp/img/rtk/rtk1.html

シュールギャグ。

変身のニュース(1巻完結)

変身のニュース (モーニング KC)

変身のニュース (モーニング KC)

http://morning.moae.jp/lineup/376

つげ義春、華倫変の系譜に連なる宮崎夏次系のデビュー作。これが一番トガってる。

恋人プレイ(文庫版2巻完結)

恋人プレイ 1 (幻冬舎コミックス漫画文庫 た 1-1)

恋人プレイ 1 (幻冬舎コミックス漫画文庫 た 1-1)

当時どのくらい有名だったのかわからないのだけど。

神様がうそをつく。(1巻完結)

神様がうそをつく。 (アフタヌーンKC)

神様がうそをつく。 (アフタヌーンKC)

http://afternoon.moae.jp/lineup/187

とても切なくて、とても綺麗な話。

男の操(1巻完結)

男の操 (ビッグコミックススペシャル)

男の操 (ビッグコミックススペシャル)

http://www.shogakukan.co.jp/books/09186865

妻を亡くした演歌歌手が歌い続けて、売れて、そして死ぬまで。ギャグなんだけど、最後は泣くしかない。

名勝負数え唄(1巻完結)

名勝負数え唄 (アクションコミックス)

名勝負数え唄 (アクションコミックス)

http://sokuyomi.jp/product/meishoubuk_001/CO/1

パロディギャグ。作者の名前「モンキー・チョップ」だぜ。

星のポン子と豆腐屋れい子(1巻完結)

星のポン子と豆腐屋れい子 (アフタヌーンコミックス)

星のポン子と豆腐屋れい子 (アフタヌーンコミックス)

http://www.moae.jp/comic/hoshinoponko

小原愼司とトニーたけざきの素晴らしいタッグ。1巻でよくまとまってるSFってだけで自分の中での評価が上がってしまう。

透明なゆりかご

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063409574

産婦人科の話。きれいごとがない。


仕方ないんだけど、なんかヴィレヴァンっぽいラインナップになっちゃった。



追記
皆さんのおすすめも聞いてみたいです。『弾丸ティアドロップ』は未読でした。

弾丸ティアドロップ(1) (アフタヌーンKC)

弾丸ティアドロップ(1) (アフタヌーンKC)


追記の追記
寝て起きたらけっこう読まれてた。

ブコメで上がってる中だと、

『千年万年りんごの子』

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063806786

『バニラスパイダー』

それはただの先輩のチンコ

それはただの先輩のチンコ

バニラスパイダー(1) (週刊少年マガジンコミックス)

バニラスパイダー(1) (週刊少年マガジンコミックス)

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063842906

『ネムルバカ』

『不死身ラヴァーズ』

不死身ラヴァーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

不死身ラヴァーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063949261

あたりは100に入ってました。


既にそこそこ有名かと思って外してました。線引きが雑でしたね。

今日のエントリ―に

皆さん、阿部洋一という漫画家を御存知でしょうか

http://anond.hatelabo.jp/20151018015453

というのがありましたけど、本当に不遇ですよね。もっと知られて然るべきだと自分も思います。