増田のおすすめマンガまとめ

増田マンガまとめ

岐阜暴威 VS 川崎暴威

ttp://tm2501.com/entry/post-23690
ここで記事で出ている「圧がある人」というのは私のことだよね。



うーーーーん。

この記事読むと、あらためて三沢さんが「何を言われてもノーダメージ」なからくりがよくわかるというかなんというか。
三沢さんは1対1でお話すると、なんでも自己解釈で話を捻じ曲げてしまってこちらが言ったことの95%くらいが変形してしまうなと。


この時はもう一人交えて3人でお話してましたし、ログ出しもできる状態でこういう記事書くかー。



本当に言いたいことが全く伝わってなくてすごいうれしい。三沢さんって、こちらがどんなにまじめに話をしても、その場では聞いてるふりをしてくれるものの自分の受け取りたいようにしか受け取らないのでものすごく安心感がある。何をしゃべっても、こちらが言いたいこと5%くらいしか伝わらないなと思うと、他ではなかなか言えないような大事な話とかもできてしまう。他の人からしたら、この「何を言っても無駄」な感じに絶望するのかもしれないけれど、私はこの「何を言っても無駄」感がすごい好きです。

他の人は、私が言ったことはきっちり返してくるし、それ以上のものを返してくることが多いからものすごく緊張するんですよね。ちゃんと自分の中で話を整理して、ちゃんと確認してからじゃないと話をしてはいけない、と思ってしまう。

でも三沢さんの場合、とりあえず何を言っても反応してくれる。それでいて「キャバクラみたいに聞いてないけど機械的に褒める」みたいなのとも違って、聞いてないわけじゃなくて、自分が言いたいこととは違うけどなんか自分なりに解釈して何か別のものを受け取っているようなので向こうにとっても時間の無駄というわけじゃない。その上で、もともとほとんど何を言っても通じないと思ってるから、たまに通じたなって反応を返してくれる時があるとめちゃくちゃうれしいです。


とはいえ、三沢さんが圧を感じてたというのはまぁわかるので、今後は三沢さんが間違ったことを言ってようが特に突っ込みません。よく考えたら、三沢さん間違ったことが言って炎上しても特に困らないし、むしろそれを望んでる節があるから、未然に事故を防ごうみたいなことをするのは邪魔だったかもしれないし。ごめんね。


一応言っておくと、私が言いたいのはこういうこと

この時もとんでもないことを言ってたので指摘したら、いつものように「謝ってるふり」をしながら自分はどう考えてこういうことを書いたかをしゃべりだしました。

でもいいたいことはいつもの通り「私はこういうことを考えて書いたのだから間違ってない。でもめんどうだから謝ったふりをしておく」でした。


長い付き合いなので、三沢さんがこういう反応をしたときは本音としては「チッうっせーな。スイマセンデシター」でしかないというのはわかっておりいつもは「まぁ三沢さんだししょうがないか(それでこそ三沢さんだぜ!)」で済ませてるんですが、その時はほかにももう一人いたので「謝る気がないんだったら謝らない方がいいよ」という話をしました。


「ムカつくからやめて」が主題じゃないんです。


「謝る気が全くないのに謝ったふりをしてその場をやり過ごそうとするそのコミュニケーションスタイルは人をなめ腐ってるし、それで何とかやり過ごせてると思ってるかもしれないけど相手にバレバレだぞ」ってことです。なんかこの会話の時に、しきりに自分のそういうモードのことを「平謝りモード」と表現していて、「謝ってるつもり」だということを主張していたし、実際上の記事でもまだ謝ってるつもりのようですが「それ相手からしたら一ミリも謝ってないどころか、相手につばはきかけてるよ」という話をしたんです。

私は以前から謝ることについてはよく考えていて、記事も書いており、この記事のURLも送ったんですが

「謝る」というのがどういうことか、一度ちゃんと考えてみよう - 頭の上にミカンをのせる
「謝る」の第一歩は「相手のことを理解する」ことから始まる - 頭の上にミカンをのせる

文章を読むのが異常に遅い三沢さんが25秒後に「その記事に書いてることもすごくよくわかります」と返信してきて読んでませんアピールをしてきたのでこいつ本当にいい根性してるなとニコニコが止まりませんでした。

ADHDほとんど関係ないよ。それ三沢さんの性格だよ

確かに話の中でも「僕がADHDだから」みたいなことはちょこちょこ言ってたような気はしますが

わたしとしては「それはADHDとか関係なく、それは三沢さん自身の性格の問題だし、あくまで謝るときの方法論の話なので、意識すれば直せる話だよ」という話をしたんですよね。

そのあとにこういう記事を書くということは、どうも三沢さんの中では「私の圧が強いことを伝えて、距離感を考えなおそうとなった」以外の部分は何も伝わってなかったということなのかなと思って、フフってなりました(笑)


いや、いつもそうやって世界を捻じ曲げて生きてるんだなっていうのが可視化されてて、青二才ファン的はかなりポイントが高い記事だとは思うんですが、一般的にはかなりのクソ記事だと思います。見事にADHDの話として自分の責任と切り離した挙句に、ほかのADHDやら、アスペルガーを勝手に決めつけてそれを巻き込むというとんでもないお話になってしまっています。

雑を通り越してさすがにここまでくると「もし影響力があったら」迷惑かなと。まぁほとんどだれも読んでないみたいだから放置してもいいんだけど、三沢さん相変わらず発達障害についてなんにも勉強してないのにわかったつもりになってるな、ということがものすごくよく伝わりました。っていうか、ツイートした時にろくに反応がなかったんだから「自分が言ってることはズレてるかも?」って判断して記事書くのをとめるとかそういう思考にはならんかったんかい(笑)



なんというか、もうちょっと勉強するか、そうじゃなければ「私あんまり発達障害についてわかってないから、自分の身の回りのこと以外を書くのはやめよう」てなればいいなとは思うけど、引かぬ媚びぬ顧みぬというのも三沢さんっぽいので個人的にはどっちでもいいです。



私は三沢さんにあれこれ言いはするけど、別に三沢さんに変わってほしいとは思ってないです。

むしろ私のような普通の人間が語るあれこれを全部うけいれて普通になった三沢さんより、
私の言うことなんか全部無視して変わらない三沢さんのままでいてほしいという気持ちのほうが強いので
今後も他人の忠告なんて無視してほしい。 そしていつか岐阜暴威さんみたいな人気者になってほしい。